NP掛け払い 資料ダウンロード
売り手さま 買い手さま

そのほかの決済方法と比較してわかった掛け売りのメリット

BtoB・企業間後払い決済サービス NP掛け払い

/

活用法

/

そのほかの決済方法と比較してわかった掛け売りのメリット

 

企業間取引では掛け取引が主流です。掛け取引でも請求書払い、クレジットカード払いなどいくつかの決済方法がありそれぞれにメリットやデメリットがあります。今回は請求書払いとクレジットカード決済との違いを見ていきながら、掛け売り決済を活用する企業側のメリットをご紹介します。

もくじ
1:決済方法ごとのメリットとデメリット一覧
2:企業が「掛け売り」を選ぶ3つの理由とメリット
3:掛け売り特有のリスクが引き起こす経営悪化への対処法は?
4:まとめ

 

決済方法ごとのメリットとデメリット一覧

冒頭にも述べたように、企業間取引で一般的に用いられる掛け取引の決済方法にはいくつか種類があります。現在、は請求書による掛け売り決済が一般的となっていますが、クレジットカード決済と比較してどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

決済方法 メリット デメリット
請求書払い

支払い期日を決めてまとめて決済できるため支払いの手間を少なくす津ことができる。

取引先に合わせた支払いサイトの設定などが可能

コンビニでの支払い、銀行振込みなど多様な支払い方法の設定が可能

自社の設定した与信内であれば、金額の大きな取引にも対応が可能。

取引を開始する際に与信審査を実施してリスク管理をする必要がある。

請求書の発行など事務作業が発生する。

支払い期日にお支払いがない場合、督促など未回収金の回収業務が発生する。

クレジット決済 企業間取引でのクレジットカード決済サービスが徐々に増えており、利用のハードルが低くなってきている。

決済後の売上処理が簡単、消し込み作業の負担が減るなど、売り手企業にとって利便性が高い。

支払う側(買い手企業)にとっては、銀行振込の手数料がかからず、利用できる時間帯を選ばない。

与信審査の必要がない。

企業間取引の決済方法としてはまだ一般的ではない。

取引額の上限があるため、金額の大きな取引などには向いていない。

新規の買い手や、利用頻度の低い買い手を多く扱うネット通販などには適しているが、継続的な取引を通じて企業間の関係構築を図るにはあまり適していない。

 

請求書払い:請求書発行など煩雑な事務作業が多く発生するこうして見ると「請求書払い」「クレジット決済」それぞれのデメリットは以下のようになります。

  • クレジット決済:金額の大きな取引に向かない。

これに対し、「請求書払い」「クレジット決済」それぞれのメリットは次の通りです。

  • 請求書払い:取引先によって柔軟に対応が可能。
  • 請求書払い:金額の大きな取引にも適している。
  • クレジット払い:与信審査の必要がない。
  • クレジット払い:決済後の売り上げ処理が簡潔で作業負担が少ない。

 

企業が「請求書払い」を選ぶ3つの理由とメリット

多くの企業が請求書払いを選ぶ理由は次の通りです。

 

機会損失を招きにくい

請求書払いは、買い手企業にとって手元に資金がなくても必要な商品、サービスを購入できるという利点があります。もし、これが後払いでないほかの決済方法だとしたら、十分な元手がないと商品やサービスの購入ができません。また、クレジットカードを利用した取引は馴染みがなく取引開始時に請求書払いを希望する企業はまだまだ多いことでしょう。

 

販売単価のアップ

先に述べた通り、請求書払いほうが取引できる金額の幅が広がり、商品やサービスを購入しようという顧客が増えます。後払い決済の場合、買い手側の企業にとっては資金繰りをあまり気にせず金額の大きな取引も可能になります。クレジットカードを利用した場合はクレジットカード会社の設けた上限金額を簡単に引き上げることができないため、取引金額が大きくなった場合は別の方法を考えなければいけません。

 

掛け売り特有のリスクが引き起こす経営悪化への対処法は?

 

しかし、上述したように「請求書払い」にもデメリットがないわけではありません。与信審査や請求書の発行業務、売掛金の管理業務にコストや手間がかかります。また、代金回収に至らないリスクも考慮しなければなりません。

 

こうした場合にこそ検討したいのが「決済代行サービス」です。毎月発生する請求書発行はもちろん、与信審査、代金回収、入金管理、催促まで代行し、未回収リスクまで保証してくれます。

 

まとめ

掛け売り決済の最大の泣きどころは、代金未回収に関するトラブルがあること。信用を基本とした取引ではあってはならないリスクですが、決済代行サービスを導入すればこうした懸念も解消できます。

 

代金の未回収リスクを解決できれば、売上が安定するだけでなく、社内のリソースをコア業務に集中させられようになるでしょう。毎月の決済業務、請求業務で課題を感じていらっしゃる企業様はぜひ、「NP掛け払い」をご検討ください。