NP掛け払い 資料ダウンロード
売り手さま 買い手さま

企業間の決済代行サービスを「利用しない」VS「利用する」でどう変わるか比較して みた

BtoB・企業間後払い決済サービス NP掛け払い

/

活用法

/

企業間の決済代行サービスを「利用しない」VS「利用する」でどう変わるか比較して みた

労働人口減少に伴う人手不足が深刻化しつつある昨今、IDCの調査によると多くの企業で煩雑なルーティンワークを社内から切り離すことで業務効率化を図り、利益や成長に直結する業務にリソースを集中させようという動きが活発化しています。出典: IDCジャパンhttps://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ44958219

今回は決済業務を社内運用する場合に比べ、決済代行サービスを利用した場合にどれだけのメリットがあるのかを探っていきます。

もくじ

1:企業間決済の強い味方「決済代行サービス」とは

2:決済代行を利用しないVS利用する場合でどう違う?

3:売上伸長を目指すなら企業間の決済代行サービスを検討してみては?

4:まとめ

 

企業間決済の強い味方「決済代行サービス」とは

掛け売り取引が基本の企業間決済では、請求書発行から与信審査、代金回収、入金管理、未払い時の催促といった煩雑なルーティンワークが毎月のように発生します。決済業務は、会社が経営を継続するための事業資金をしっかり確保するために重要なものです。しかし、実際には手間と負担が多い業務なので経理だけでなく総務、営業までがこの一連の作業に駆り出され、通常業務が停滞する要因となっているケースもあります。こうした企業間決済に関連する一連の業務をすべてカバーし、代行会社によっては未回収リスクの保証まで対応するのが決済代行サービスです。

会社の業績や成長に直接関わらないバックオフィス業務を減らし、貴重なリソースをコア業務に集中させることができるため、企業の成長を加速させる効果が期待できます。非常に多くのメリットを持つため、昨今では決済代行サービスを導入する企業が急速に増えています。

決済代行を利用しないVS利用する場合でどう違う?

この決済代行サービスを利用した場合と、そうでない場合(自社運用)とで、どれだけの差が生まれるのかを見ていきましょう。

比較ポイント 自社運用の場合 決済代行サービスを利用した場合
請求書発行・発送業務 封筒や用紙の管理コスト、印刷コストがかさむ

郵送コストが発生する

請求データを送付するだけで作業が完了するため、印刷コスト、郵送コストだけでなく請求書発行、封入などの作業コスト、用紙や封筒の管理コストが削減できる。
与信管理 審査や判断の信用調査に時間がかかるため、適切なタイミングで取引開始ができない可能性がある

決済の判断が属人的になる

信用情報の収集が困難

ごく短時間で与信審査が可能なので、機会損失のリスクを最小限にできる

決済の可否判断を標準化できる

信用調査は代行会社がおこなうため自社で情報収集する手間が不要

入金管理 請求金額と入金金額の照合に時間がかかる 請求書発行から入金消込まで売上に対して回収がおこなわれているか代行会社が確認してくれるため、入金管理の手間が省ける
未払い金回収 未払いが発生した際には、督促や回収といった手間が増え、担当者への心理的負荷も大きくなる 代行会社で未回収リスクを保証してくれるため、自社で督促や回収業務に奔走する必要がなく、担当者は通常業務に専念できる

 

売上伸長を目指すなら企業間の決済代行サービスを検討してみては?

掛け取引で最大のリスクは代金の未回収です。こうした事態を回避するには、与信管理や入金管理を厳格にするだけでなく、未払いが発生した際には迅速に督促、回収をおこなう必要があります。しかし、大量の与信審査や入金管理、督促、回収を社内で何とかしようとすると、通常業務にしわ寄せがいったり、経理や総務、営業といった担当者の心理的な負担となったり、不都合なことが生じがちです。そればかりか、本来の業務がおろそかになることで自社の業績拡大や成長が鈍化しかねません。

代金未回収のリスクを排除するためには、与信管理が重要であることは確かです。ただし、ある程度のリスクを取ってでも売上を追求していかなくてはならない企業にとって、未回収を恐れてばかりいては新規開拓はできないでしょう。ここが与信管理の難しいところで、どこまでを取引可とするのか不可とするのかという線引きには、想像以上に高度な判断が求められます。

高度な判断を必要とする与信管理の時間短縮やリソースを超える量の入金管理、督促、代金回収を社内で運用するのは決して容易なことではありません。決済代行サービスを積極的に活用することで、決済業務から解放され業務効率を改善することができます。決済業務を代行サービスにまるなげすれば、リソースの確保、キャッシュフローの安定化が期待できるため、事業拡大に直接的につながる業務に集中しやすくなります。例えば、営業社員が客先とのアポイントメントや提案営業、顧客折衝などに専念できるようになり、一層の売上向上も期待できるなどです。

まとめ

企業間取引で一般的な請求書払いの決済代行サービスを利用することで、経営者を悩ませていた煩雑で手間のかかる決済に関する業務の課題を解決することができます。

決済代行サービス「NP掛け払い」なら企業間の掛け売り決済に伴う請求書発行から与信審査、代金回収、入金管理、催促、未回収リスク保証をカバーしてくれるので、社内のワークフローが効率化し、自社の経営資源をより有効に活用できるようになります。結果として新規拡大や販路の拡大、お客様満足度の向上にもつながります。一度、決済代行サービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか?