NP掛け払い 資料ダウンロード
売り手さま 買い手さま

掛け払いとは

掛け払い(請求書払い)とは

掛け払いとは、先に商品やサービスを提供し、後で支払ってもらう支払方法です。支払ってもらうにあたって、請求書の送付が行われることから請求書払いとも呼ばれます。BtoB(企業間)においては、掛け払いによる取引が一般的です。

事業成長のために決済業務を効率化

請求書払いは一般的な決済手段です。しかし、決済業務は事業が成長していくほど煩雑さが増していく業務です。そのため、取引先数が100社を超えると9割以上の経営者が「決済業務の効率化」を意識しており、取引先数10社まででも約半数の経営者が「決済業務の効率化」を意識している現状があります。

人手不足の時代、事業成長に直結する業務に注力

働き方改革関連法の施行や労働人口の減少など、マクロ環境を背景として、業務の効率化やリソース配分の最適化はますます必要性が高まっています。また、「請求業務」は、直接的には成長に寄与しない一方で、ミスができない重要な業務です。それにもかかわらず、担当者にかかる精神的・時間的な負担が大きいのも特徴です。人手不足の時代だからこそ、事業成長に直結する業務に経営リソース(資源)を集中させたいところです。

掛け払いを任せて、事業を成長させている企業が増えています

掛け払い(請求書払い)に伴う業務を外部化することで、請求業務によって生じる精神的・時間的な負担から解放され、各人が本来取り組むべき仕事に注力することができるようになります。掛け払いに伴って生じる業務を外部化して、事業を大きく成長している企業様が増えています。