NP掛け払い 資料ダウンロード
売り手さま 買い手さま

【未払いリスク100%保証も!】集金代行会社を採用して自社の成長を加速させよう

BtoB・企業間後払い決済サービス NP掛け払い

/

活用法

/

【未払いリスク100%保証も!】集金代行会社を採用して自社の成長を加速させよう

取引先への督促や代金回収が忙しく営業担当が通常業務を中断してはいませんか? また、入金チェックや消込作業といった煩雑な業務に経理担当が疲弊していませんか?

慣れない請求業務や集金するための回収作業は、思いのほか時間を奪われます。社員の大切な時間を事業に専念できずに悩む経営者の方に、集金作業をまるなげできる決済代行会社の種類や特徴、導入のメリットなどをご紹介します。

もくじ
1:企業にとって軽視できない集金コストと社員への負担
2:そもそも集金代行サービスとはいったいなに? 種類と違い
3:選ぶなら、未回収リスク保証までカバーしている決済代行会社
4:まとめ

企業にとって軽視できない集金コストと社員への負担

請求業務は売上を入力して請求書データを作成、プリントアウトしたものに押印し、封入して郵送またはメール便で送達、それが終わったと思ったら請求書の控えをファイリングしたり、一覧表に残したりと非常に手間がかかります。しかも、そこから入金チェックや消込作業という事務的な処理があります。未入金や入金額に誤りがあった場合は、集金業務や事後処理といった仕事も追加されます。

集金業務を営業担当が当たり前のようにやっているという企業もあるしょう。しかし、本来注力すべき顧客対応や提案業務を中断する経営上のリスクが生じるため、企業の健全な発展、業績向上にブレーキをかけてしまいます。現金取り扱いに伴う事務コストも無視できず、未入金の取引先が多ければそれだけ集金に時間を割かれることになり、社員への負担とストレスは増えるばかりです。

そもそも集金代行サービスとはいったいなに?種類と違い

こうした状況を打開するカギとなるのが「集金代行」です。これは企業間取引で導入が進んでいるサービスで、大きく分けると①集金代行、②ファクタリング、③決済代行の3種類が知られています。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

サービス 特徴
①集金代行 賃貸住宅の家賃、学習塾などの月謝など定期的な支払いが発生するBtoC取引で活用されることが多いサービス。多くの契約者に対し一括して集金業務を委託できるのが特徴です。
②ファクタリング 売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービス。 さまざまな特色を持つファクタリングサービスが存在します。
③決済代行 請求業務に加え、顧客の信用管理、債権管理までをトータルで代行。その一部に集金業務があるという位置づけです。単なる集金代行ではなく、企業の業務効率向上と未回収リスクの低減をサポートするサービスでもあります。

こうして見ると、②のファクタリングは集金を代行するというより、企業から売掛債権を買い取り、それを回収するという点で①③とは大きく特徴が異なるのがわかります。また、①は単純に集金業務を代行するだけで、③のような請求業務、与信、代金回収まではカバーしていません。そのため、煩雑な請求業務の一切をアウトソーシングして、社内の生産性を上げるには③の決済代行を選ぶのがベストな選択と言えます。

選ぶなら、未回収リスク保証までカバーしている決済代行会社

代行会社を選ぶ際に大切なのは、自社のビジネスや業務形態にマッチしているか見極めること。そうすれば、悩みの種だった集金業務も大幅に効率化できるだけでなく、請求・与信・回収といった負担から社員を解放できます。さらに、こうした取り組みがひいてはコア業務への注力を促し、会社の業績を改善するのに役立つでしょう。

最近では、下表のように、請求業務はもちろん、督促・代金回収・入金管理まですべての関連業務をフルカバーする決済代行会社もあります。未回収リスクまで保証し、貸し倒れや回収不能といった最悪の事態でも売上を確保できる決済代行会社なら、業務の効率化に大きく貢献できるでしょう。下記の表に決済代行会社の特徴をまとめました。

 

サービス 与信 請求書発行 入金管理 督促 未回収リスク保証
決済代行会社
請求書発行代行サービス
消込・債権管理サービス
債権保証サービス
集金・回収サービス

 

まとめ

掛け売り取引に伴う与信管理、請求書発行、入金管理、督促、集金とすべての業務を代行してくれ、さらに未回収リスク保証までカバーする「NP掛け払い」なら、業務改善や生産性向上をサポートしてくれます。ぜひ、「NP掛け払い」の導入を経営会議の議題として取り上げてみませんか?