NP掛け払い 資料ダウンロード
売り手さま 買い手さま

経営の安定化と事業成長を左右する売掛金管理を効率化する方法

BtoB・企業間後払い決済サービス NP掛け払い

/

活用法

/

経営の安定化と事業成長を左右する売掛金管理を効率化する方法

企業の目的は利益を生み出し、その利益の一部を再投資して事業を成長発展させることです。それには売掛金を滞りなく回収するための管理体制が何より重要。もし、売掛管理が十分に機能していなければ、肝心の資金繰りが頓挫し、キャッシュフローが破綻するからです。

しかし、この売掛金管理はミスが許されない業務だけに、一部の有能な経理担当の経験やスキルに依存する傾向があるため、つねに課題がつきまといます。ここでは、この売掛金管理をより効率化する方法についてご紹介します。
もくじ
1:キャッシュフローの健全化には、売掛管理が大きな意味を持つ
2:効率化を阻むのは複雑で職人的スキルを要するその業務特性
3:アウトソーシングで売掛管理を改善すれば、業績や生産性の向上が期待できる
4:まとめ

キャッシュフローの健全化には、売掛管理が大きな意味を持つ

帳簿上でいくら数字が積み上がっていっても取引先が期日通りに代金を支払ってくれなければ売上は確定せず、収益の見通しはつきません。企業間取引の掛け売りで貸し倒れや焦げ付きが頻繁にあれば、資金繰りに行き詰まってしまいます。こうしたことからも、適切な売掛管理が企業にとっていかに重要かがおわかりになるでしょう。

売掛管理という業務には、請求書作成、発行、送付といった煩雑な作業が多いうえに、未入金などがあれば督促、回収、消込といった手間がかかる事務作業も発生します。このように売掛管理は作業工数が多く、膨大な数字を扱うためミスが許されないプレッシャーがあります。経理担当が抱える責任はきわめて大きく、ストレスを感じやすい仕事と言えるでしょう。

業績好調であれば取引先が増え、売掛管理の件数も増加します。しかし、未入金が発生しても回収が間に合わず、催促しても取引先が入金してくれない状況が続くと、経理だけでなく営業部署の人間まで駆り出されることに。売掛金管理をより効率化し、キャッシュフローの健全化を実現するにはどうすればよいでしょうか?

効率化を阻むのは複雑で職人的スキルを要するその業務特性

企業活動にとって非常に重要な位置を占める売掛金管理ですが、間違いが許されないため、経理担当者にとっては負担が大きいのが特徴。また、一つひとつ確認が欠かせないため作業量も膨大になります。経理業務の中でも最も神経を使う工程だけに、経験やスキルのある一部の優秀な担当者に作業が集中します。その結果、売掛金管理そのものが属人化した業務となります。担当者の負担を減らして業務を効率化しようにも人的リソースが追いつかないこともあるでしょう。こうした事態に対し、組織としては傍観するだけという状況に陥りがちです。

有能な経理担当がいても、異動や退職で部署を離れてしまったらどうでしょうか?十分な引き継ぎがないまま後任を最前線に立たせると、途端に業務の流れが滞りミスを頻発するようになるでしょう。そのため、企業は売掛金管理の複雑さ、難しさ、そして属人的な業務特性を改善し、社内の負担を軽減する方法を見つけなくてはいけません。

アウトソーシングで売掛金管理を効率化すれば業績や生産性の向上が期待できる

売掛金管理を含む、決済業務を代行してくれる専門会社にアウトソーシングすることで、社員への業務負担を解決します。

決済代行会社であれば、未入金があった場合の督促、代金回収といった未入金リスクにも迅速かつシームレスに対応します。売掛管理をまるなげすることで、キャッシュフローの健全性が維持され、社内の経理業務がきわめてシンプルになり、生産性向上につながります。特定の人間に負担がかかるようなこともなくなり、経営者が抱えていた課題がすっきりと解決するでしょう。

まとめ

決済代行サービス「NP掛け払い」なら、請求業務はもちろん売掛金管理まで決済にかかわるすべてのフローをワンストップで代行可能。「売掛管理業務を見直したい」「業務を改善して生産性を改善したい」「売掛管理を適正化してキャッシュフローの健全化を図りたい」と考える経営者様はぜひ、「NP掛け払い」をご検討ください。