NP掛け払い 資料ダウンロード
売り手さま 買い手さま

面倒な請求業務フローを見直したい|請求業務代行の基礎知識

BtoB・企業間後払い決済サービス NP掛け払い

/

活用法

/

面倒な請求業務フローを見直したい|請求業務代行の基礎知識

 

BtoB(企業間)の商取引には請求業務が付き物。しかし一概に請求業務と言っても、請求書の発行から代金の回収、未払い代金の督促に至るまで、その内容は実に多岐にわたっています。しかも月末や月初めともなれば作業量は相当なもの。膨大なリソースがこうした事務処理に割かれると、本来すべきコア業務にもしわ寄せが行きかねません。

となれば、やはり請求業務をアウトソーシングすることが有効な打開策と言えるでしょう。では、これらの請求業務を代行サービスに委託することで、社内業務はどのように変わるのでしょうか?

もくじ
1:人員と時間という膨大なリソースが請求業務で失われている
2:BtoB決済をNP掛け払いで外部委託すれば本業に注力できる
3:請求代行の導入は、健全な成長発展を促すチャンスに
4:まとめ

人員と時間という膨大なリソースが請求業務で失われている

企業にとって重要な資産はいろいろありますが、最たるものは「人」であり「時間」です。これらのリソースが何らかの理由で大きくロスしているとしたら――経営のあり方を根本的に見直すべきかもしれません。

たとえば、冒頭で述べた請求業務。企業の規模にもよりますが、月末・月初めになると請求書の発行、代金の回収、未払い代金督促などで経理部門の担当者が忙殺され、これをヘルプするために別部署のスタッフまで駆り出されることも。そうなると社員の勤務超過が顕著になるだけでなく、成果が求められる主力業務に支障をきたす可能性も無視できないでしょう。また、与信管理に時間がかかり過ぎることも問題です。それでも無事に与信が通り、取引が成立するならよいのですが、そこでトラブルが発覚すればさらに二重、三重のロスが生じかねません。

その点、与信管理を外注すれば業務の効率化・時短化が大幅に図れます。たとえば、与信判断にかける時間が半分になれば、さらに多くの取引先を審査できるため、それまで取りこぼしていたビジネスチャンスを無駄にしなくて済みます。与信スピード「最短5分」通過率「98%」を誇る「NP掛け払い」ならその可能性はさらに広がるでしょう。しかも、万が一、債権が回収できなくても「NP掛け払い」なら代金100%保証なので安心です。

BtoB決済を「NP掛け払い」で外部委託すれば本業に注力できる

請求業務はどの企業にとっても不可欠なものですが、あくまでも事務処理に過ぎません。つまり、ここで生じるリソースの損失を解消できれば、より本来のコア業務に取り組むことが可能です。そのためには、請求業務を自社のマンパワーだけで処理しようとせず、外部委託(=アウトソーシング)するのが最善の策と言えるでしょう。

その意味で「NP掛け払い」はBtoB向けの後払い決済サービスとして最適な選択となり得ます。なぜなら、請求書の発行や代金の回収、督促、入金管理はもちろん、与信まで必要な請求業務をまるごと代行してくれ、しかも支払い遅延、未払い、倒産、あらゆるケースでリスクを100%保証してくれるので安心です。導入企業がすでに1,100社超という実績もこれならご納得いただけるでしょう。

また、「運用のしやすさ」も特長です。ASP型の管理画面でCSVファイルによる請求書発行データ入力が行え、翌月頭にCSVファイルで請求データをアップロードするだけで請求書を自動で発行。請求先への郵送作業もシームレスで無駄な時間と手間が発生しません。
これなら、これまで請求業務に膨大なリソースを費やしていた企業も、本来の業務に注力できるようになるはずです。

請求業務をワンセットにしたトータルソリューション「NP掛け払い」

請求代行の導入は、健全な成長発展を促すチャンスに

「NP掛け払い」で煩雑な請求業務から解放されれば、営業部門が売上に直結する受注活動やプレゼンテーション、顧客訪問などのコア業務に集中できるようになり、業績の改善が期待できます。このように、請求業務の効率化によって企業活動を「本来あるべき形」に軌道修正することで、最適なリソース活用が可能となり、健全な成長・発展のサイクルをつくりやすくなります。

毎月のように少額で多量の請求が発生するような企業や小規模で専門の経理部門を持たない中小・ベンチャー企業にも、「NP掛け払い」は頼もしい味方になるでしょう。

まとめ

請求業務は経理事務のなかでもとくに時間がかかるタスクです。しかも月末・月初めに集中するため、その間は社内や組織の動きが煩雑になり、営業活動が滞ったり、請求業務に携わる部署やスタッフに大きな負担となったりすることも多いでしょう。

こうした状況を改善し、人員・時間といったリソースを本来あるべき業務に集中するために有効なのが請求業務のアウトソーシングです。その意味で、煩雑な請求業務の一切をワンパッケージで代行してくれる「NP掛け払い」は、健全な成長を志向する企業にとって強力なビジネスツールとなることでしょう。