NP掛け払い 資料ダウンロード
売り手さま 買い手さま

卸の受発注自動化サービス「楽楽B2B」と企業間取引向け決済サービス「NP掛け払い」がシステム連携サービスをアップデート

受注前に与信ができる機能を追加し、卸業界をはじめとした多様な業界でのDXを支援

BtoB・企業間後払い決済サービス NP掛け払い

/

ニュース

/

卸の受発注自動化サービス「楽楽B2B」と企業間取引向け決済サービス「NP掛け払い」がシステム連携サービスをアップデート

株式会社ネットショップ支援室(東京都新宿区、代表取締役:山本 晧一朗、以下ネットショップ支援室)が提供する卸の受発注自動化サービス「楽楽B2B」と、株式会社ネットプロテクションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田 紳、以下ネットプロテクションズ)が提供する企業間取引向けの後払い決済サービス「NP掛け払い」は、システム連携サービスにおいて受注前に与信が可能になる機能アップデートを行いました。アップデート機能は7月26日より提供開始します。

アップデートの概要

「楽楽B2B」は、卸取引で現在主流である紙ベースの取引をWEB化できるBtoB専用の受発注システムです。「NP掛け払い」は、企業間の取引で発生する与信から請求書発行、代金回収等の請求業務全てを請け負い、未回収リスクを保証するサービスです。
これまで提供していた連携サービスでは、両サービスがシステム連携することで、注文後の企業与信、請求書発行、代金回収、消込・入金確認、督促までを一気通貫で行うことができました。

今回のアップデートにより「楽楽B2B」の利用企業は、受注前に取引先の与信をWEB上で取得できるようになります。与信は通過率99%(※1)の実績を持つ「NP掛け払い」が行い、会員登録から3営業日以内に結果を確認できます。これにより新規顧客との取引をスピーディに手間なく開始することができ、営業活動をスムーズに進めることができます。

※1)2022年3月31日時点。(個人事業主を含む)

アップデートの背景

ビジネスシーンにおいて、受注から請求にまつわる業務は多岐に渡ります。取引先や受注ごとに異なる価格設定の管理、取引先の与信、受注内容を請求に反映するための社内コミュニケーション、支払い遅延や未回収が発生した際の入金催促、代金回収などが挙げられます。2017年のネットプロテクションズの調査(※2)によると、こうした業務によって年間で約20営業日分の営業担当の時間が費やされていて、かつ精神的負荷も高いという結果が出ています。営業担当者が受注管理や請求関連業務に時間が取られてしまい、本来注力すべき業務に時間を割けないという課題を抜本的に解決するため、この度システム連携サービスをアップデートする運びとなりました。受注管理から請求・代金回収までを一気通貫で実現することによって、営業担当者は本来注力すべき営業活動や顧客対応に集中できます。

※2)株式会社ネットプロテクションズ「決済業務に関する実態調査」:https://np-kakebarai.com/content/work_style_reform_1/

「楽楽B2B」について

【BtoB受発注をWEB化するクラウドサービス「楽楽B2B」】
「楽楽B2B」は、卸取引をWEB化できるBtoB専用の受発注システムです。「楽楽B2B」は、取引先毎に「指値」や「掛け率」などの価格設定も可能な上に、販路・決済方法や表示する商品も細かく設定することが出来るので、面倒なアナログ作業や処理ミスが削減され、業務がよりスピーディーになります。また、WEB化させることで新規取引先拡大が可能となります。

「NP掛け払い」について

「NP掛け払い」は、企業間取引向けの後払い決済サービスです。ネットプロテクションズが企業(売り手)と企業の顧客(買い手)の間に入り、買い手への与信から請求書発行、代金回収までの決済・請求業務全てを請け負い、未回収リスクを保証します。「NP掛け払い」の導入により、売り手は決済・請求業務をまるごとDX化し、かつコア業務に集中できます。また未回収リスクを保証することで経営基盤の安定化を図れます。加えて、従来の信用機関に依存しない独自の与信審査によって個人事業主に対しても与信通過率99%と柔軟に掛け売りが提供できるため、販路拡大・売上向上が見込めます。買い手は掛け払いを利用することでキャッシュフローの改善を期待できます。2022年現在、NP掛け払いの年間取扱高は979億円、年間利用社数46万社と「日本で8社に1社が使っている決済(※3)」となりました。今後も「NP掛け払い」はサービス提供を通じて、あらゆるステークホルダーがより自由に挑戦や成長ができる環境づくりに貢献できるよう努めてまいります。
詳細はこちら:https://np-kakebarai.com/

※3)日本企業数359万社(経済産業省が発表した「2019年版中小企業白書」を参照)とネットプロテクションズ実績(41万社)をもとに算出。

会社概要

株式会社ネットショップ支援室

ネットショップ支援室は、全国のEC企業様にネットショップの成功に必要な人材、ノウハウ、システムを一気通貫で、更に身近で支援できるプロ集団を目指しています。
2015年より顧客リピーター化に強いEC一元管理システム「アシスト店長」の提供を開始し、2015年には定期通販特化型カートシステム「楽楽リピート」の提供を開始しました。2018年にはBtoB受発注をWEB化するクラウドサービス「楽楽B2B」の提供を開始し、2022年現在では買い手企業数が85,000社を突破しています。
今後もさらに機能をアップデートしていくと共に、サポートの体制もより強化し、日本のDX推進を牽引できるよう、事業に取り組んでいきます。

【設立】
2013年11月
【代表者】
代表取締役 山本 皓一朗
【所在地】
東京都港区赤坂2-14-5 Daiwa赤坂ビル1F
【事業内容】
システム開発、ネットショップ制作、ソフト販売
【URL】
https://netshop-pro.jp/

株式会社ネットプロテクションズ

当社は国内 BNPL 決済サービスのパイオニアであるとともに、BtoC 取引向け国内 BNPL 決済サービス市場において 40% 以上(※4)のシェアを誇るリーディングカンパニーです。2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、2020年度の年間流通金額では前年比約16%の成長率、年間ユニークユーザー数(※5)が1,580万人に達し、2021年3月までに累計取引件数が2.8億件を突破するまでに至りました。2011年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、2020年度の年間流通金額では前年比約27%の成長率で伸長しています。2017年には、購買体験がこれまでより快適になるやさしい後払い決済「atone(アトネ)」の提供を開始しました。さらに2018年には、台湾においてもスマホ後払い決済サービス「AFTEE(アフティー)」をリリースしました。当社はこれらの事業運営によって高い技術と豊富な実績に基づいた与信とオペレーションが構築されており、決済サービスを通じて誰もが安心かつスムーズに商取引できる社会の実現を目指しています。

【代表者】
代表取締役社長 柴田 紳
【URL】
https://corp.netprotections.com/
【事業内容】
後払い決済サービス「NP後払い」の運営
企業間決済サービス「NP掛け払い」の運営
訪問サービス向け後払い決済サービス「NP後払いair」の運営
新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の運営
台湾 スマホ後払い決済「AFTEE(アフティー)」の運営
ポイントプログラムの運営
【創業】
2000年1月
【資本金】
1億円
【所在地】
〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目2-6 住友不動産麹町ファーストビル5階

※4)矢野経済研究所「2021 年版 オンライン決済サービスプロバイダーの現状と将来予測」より、後払いサービス市場の 2020 年度見込金額(8,820 億円)と「NP 後払い」、「atone」の 2020 年度取扱高合計金額(約 3,600 億円)をもとに算出。
※5)2020年4月1日~2021年3月31日における「NP後払い」の利用者のうち、氏名・電話番号の双方が一致する利用者。

本リリースに関するお問い合わせ

報道関係者はこちら
担当 :野本
TEL  :03-5459-5490 
MAIL : netprotections@materialpr.jp

企業・個人の方はこちら
担当 :株式会社ネットプロテクションズ 広報
MAIL : pr@netprotections.co.jp