活用シーン

さまざまなビジネスで
活用されています。

貴社と同じ課題をもった企業が、
決済の問題を解決しています。

  • 卸売り・業務用販売のイメージアイコン
  • 卸売り・業務用販売

  • コア業務への集中で、生産性アップ。

飲食店向けに食材を卸し販売する
B社のケース

Before
  • 営業担当が、代金回収や消込にも関わっており、本来やるべき営業活動に集中できていない。
  • 少額注文が多く、月末は大量の請求書発行で経理はパンク状態。

After

コア業務への集中で、生産性アップ。

  • 営業担当が非コア業務から解放され、営業活動に集中できるように。 売上が大きくアップ。新たな顧客開拓がスピードアップ。
  • 経理の負担も解決。
    増員しなくても取引数の拡大に対応できるようになった。
  • 法人・オフィス営業のイメージアイコン
  • 法人・オフィス営業

  • 営業のスピードがあがり、売上アップ。

オフィス向けに引っ越しサービスを提供する
C社のケース

Before
  • 掛け売りが当たり前なので自社対応しているが、社内の与信ルールが厳しくて新規口座開設にとても時間と手間がかかる。
  • 営業しながら代金回収や消込、督促も行っているので営業活動に集中できない。

After

営業のスピードがあがり、売上アップ。

  • 請求業務が丸ごと社内からなくなって、営業活動に集中できるように。顧客開拓がスピードアップ。
  • 面倒な与信手続きがなくなり、最速で当日中に与信が可能に。
    顧客満足度もアップ。
  • スタートアップ・ベンチャーのイメージアイコン
  • スタートアップ・ベンチャー

  • 少数精鋭で、事業グロースを実現。

法人向けにクラウドによる、
社内インフラサービスを提供する
D社のケース

Before
  • 掛け払いに自社対応しているが、事業が伸びるに従って毎月何百件もの請求書発行に追われるように
  • 少額債権に人を付けるとコストが合わない。が、いまのリソースでは取引拡大に対応できない。
  • 少人数で事業グロースしなくてはいけないのに、決済関連の業務が増えてメンバーのコア業務を侵食。

After

少数精鋭で、事業グロースを実現。

  • 請求業務が社内からなくなり、全員が事業グロースに集中できるように。
  • 人を増やさなくても取引拡大に対応することが可能になった。
    バックオフィスの不安がなくなり、効率的なグロースを実現。
  • 直販型新規事業のイメージアイコン
  • 直販型新規事業

  • 新規事業のスピーディな立ち上げに成功。

工務店向けに直販ビジネスを
立ち上げた大手素材メーカー
E社のケース

Before
  • 直販の決済ノウハウや十分なバックオフィスがないために、事業立ち上げに苦労。
  • 個人事業主に与信ができず、新規事業のニーズを取りこぼしている。
  • 新規顧客への与信が厳しく、必要手続きが多いので、書類準備だけでもコア業務に支障が。

After

新規事業のスピーディな立ち上げに成功。

  • 直販の決済ノウハウや体制がなくても、事業の立ち上げと推進が可能に。
  • 個人事業主にも与信できるようになって、ニーズとりこぼしがなくなった。
  • 最速で当日中に与信が可能になり、契約スピードがアップ。
  • 通販・ECのイメージアイコン
  • 通販・EC

  • 顧客数も売り上げもアップ。

オフィス向けにオフィス家具を
EC販売する
A社のケース

Before
  • 個人の事業主から、「後払いで買いたい」という注文の電話があったため上司に確認したら与信ができず、前払いをお願いしたら取りこぼした。
  • 前払いで注文を受けたが、入金が確認できないので商品発送ができずにいたら、お客さんから「すぐ商品が必要」というクレームの電話が入った。

After

個人事業主の顧客が増えて、
売上アップ。

  • 個人事業主も含めたあらゆる顧客からの後払い注文を受けられるようになり、お客さんを取りこぼさなくなった。
  • 与信から代金回収、債権保証までをすべてNP掛け払いに任せられるようになり、コア業務に集中できるようになった。
  • WEB・クラウド・広告のイメージアイコン
  • WEB・クラウド・広告

  • 同じ人員数で取引数が大幅アップ。

法人向けに労務管理のための
クラウドサービスを提供する
F社のケース

Before
  • 月額数百円の少額の請求書発行が大量に発生。月末がくるのが、毎月、憂鬱。
  • 取引をもっと大きく拡大させていきたいものの、バックオフィスのリソースは増やせない。八方ふさがりに。

After

同じ人員数で取引数が大幅アップ。

  • 請求業務がまるごと社内からなくなり、メンバー全員がコア業務に集中できるように。生産性が一気にアップ。
  • 人員を増やさなくても取引拡大に対応できるようになり、前年比で数倍の事業成長を達成。
  • 官公庁・公共団体向けビジネスのイメージアイコン
  • 官公庁・公共団体向けビジネス

  • 業務負荷が大幅に減って生産性アップ。

学校向けに化学薬品を販売する
G社のケース

Before
  • 掛け売りが当たり前なので自社対応しているが、請求業務が多く、営業担当も含めて社内リソースが奪われている。
  • この業界のルールで、請求書に実印が必要なため、経理担当は1枚1枚、手作業で捺印を行っており、毎月大変。

After

業務負荷が大幅に減って
生産性アップ。

  • 請求業務が社内からまるごとなくなって、社員がコア業務に注力できるように。
  • NP掛け払いなら個別のニーズにも柔軟に対応できるため、請求書発行業務が完全に手離れした。

貴社の課題に合わせて
ご提案いたします。

貴社の課題に合わせてご提案いたします。